家のリフォームの見積もりと契約

工事請負契約約款に書かれている内容

・ペナルティに関して

 

契約約款とは、その請負契約に関する細かな約束を
文書に記してあるものです。

 

契約書の約束が守られなかった場合の
ペナルティの取り決めが書かれている場合もありますし、
工事を中止したい場合、
損害が出た場合などにどのような対処方法をとるのかについて、
扮装の処理方法等も記されています。

 

・保証期間

 

保証期間は約款で保証されます。

 

もし、建物に欠陥があった場合、
補修や、やり直しを請求できる期間は、
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で定められていますが、
この期間である10年間が適用されるのは
新築住宅の基本構造部分に対してのみとなっています。

 

中古住宅のリフォームの場合は、
対象外になっているので、リフォームの保証は、
それぞれの会社が定めた期間になります。

 

ですから、リフォームでは、
業者で決められた保証期間が何年であるのかが
重要です。

 

そして、その保証については、請負契約約款に書かれています。

 

リフォームでは、工事部位別にその期間が違っていたり、
保証される内容が個々によって細かく違うことが殆どです。

 

また、契約書や契約約款は、
住宅リフォーム推進協議会が、
住宅リフォーム工事用の標準的な契約関係書式を発行しています。

 

各社によって、その内容が違うということを知っておき、
それら全てに目を通し、納得してから契約を取り交わしましょう。