家のリフォームの見積もりと契約

口約束ではなく契約書を交わす

工事に着手する前には「工事請負契約書」を
必ず交わしておくことが必要です。

 

そして、契約書は同じものを必ず2通作成し、
注文書と請負者がそれぞれ1通ずつ保管して置くようにします。

 

この契約書を交わすことによって、
「言った」、「言わない」のトラブルを防ぐことができmす。

 

小さな工事であっても必ず契約書を交わすようにしましょう。